7つの経営 企業を飛躍的に成長させる現状分析・経営行動モデル

【スポンサーリンク】

7つの経営 企業を飛躍的に成長させる現状分析・経営行動モデル

■内容紹介
メガバンク経営企画、外資系投資銀行MDを経験した著者による企業経営の全く新しいフレームワークが誕生!

様々な企業の栄枯盛衰を現場で目の当たりにするなかで、特に経営の正しい現状認識と適切なファイナンス行動の重要性を痛いほど感じてきた私だからこそ、お伝えしたいことがあります。
それだけ、ファイナンスのセンスに基づいて適切な意思決定を下せる企業とそうでない企業とでは、明暗が大きく分かれてしまうのです。

本書では、そんなファイナンス理論の入門的な勘所をお伝えすると同時に、私の経験則と実践的な検証から構築した「7つの経営」に基づく経営分析の考え方・手法をご紹介します。
これは経営の現状や立ち位置を大きく7つに分けてわかりやすく示したものです。
この「7つの経営」に則して自社を分析すれば、自社がどのような状況にあり、どのようなファイナンス行動が本来求められているのかが明確になるため、より成功確率の高い意思決定を下すことが可能になるはずです。
経営者の方々が、「自分の代で社会に新たな価値を提供し、10 倍、20倍の飛躍的な企業成長は夢ではない」という勢いで、自信をもって経営に邁進していただくための一助になれば幸いです。(「はじめに」より)

<コンテンツ>
プロローグ 会社の飛躍を支える三つの視点││本書の構図
第1章 なぜ日本企業はGAFAのような急成長ができないのか
第2章 日本企業の躍進に必要な現状分析・経営行動モデル
「7つの経営」が真の経営課題を炙り出す
第3章 GAFA、ソフトバンク、トヨタ……有名企業はどの経営タイプなのか? 「7つの経営」の実例集
第4章 「7つの経営」それぞれに適した経営戦略の組み立て方
第5章 「7つの経営」で正しい現状分析をし、行動を選択することで、どんな企業も大躍進できる
<付録>経営者なら知っておきたいファイナンス基本用語集

■著者について
北義昭(きた よしあき)
大阪府出身。1986年慶應義塾大学卒業後、三和銀行(現・三菱UFJ銀行)入行。支店勤務後、同行本店企画部にて経営戦略・財務戦略に従事。
公的資金の導入、持株会社UFJホールディングスの設立、三和銀行と東海銀行との統合、メリルリンチ日本証券との合弁による企業再生ビジネスの展開、大手総合商社の再編など全行レベルのプロジェクトに数多く携わる。
その後大手外資系投資銀行のUBS証券会社に入社し、投資銀行本部における金融機関担当マネージングディレクターとして、
大手銀行、地方銀行、ノンバンク、事業法人に関わる数多くの大型M&A、資本調達、社債起債、事業再生案件を担当。
2007年6月に株式会社社楽パートナーズを設立し代表取締役に就任し、
以後はコンサルタント・財務アドバイザーとして多数の大型M&A、企業再生、ファイナンス、金融機関案件を手掛ける。

7つの経営 企業を飛躍的に成長させる現状分析・経営行動モデル
【スポンサーリンク】